ディスプレイ広告がどんなサイトに表示されたのか確認しよう ~プレースメントリスト~

Google Adwordsでも、YDNでも、ディスプレイ広告は様々なサイトの、様々なページに配信されます。同じ広告であっても掲載されるページによって、クリック率やクリック単価、コンバージョンなどの指標は大きく異なります。

これらの状況を確認して、あまり成果が上がっていないサイトへの配信を止めたり、逆に成果が上がっているサイトへの配信を強化する、といった施策をすることで、無駄の少ない広告配信をすることができます。

Google adwords:プレースメントリスト

Google Adwordsのプレースメントリストは、管理画面から表示することができます。下記の画面のように、【ディスプレイネットワーク】タブの【プレースメント】を選ぶと、配信先のドメインごとの各指標の一覧が表示されます。この一覧は、アカウント全体でも、キャンペーンごと、広告グループごとでも見ることができます。

この一覧を見ていくと、非常に様々なサイトに広告が配信されているのが分かります。思ってもいないようなところへ配信されていることもあるので、ぜひ確認することをお勧めします。

配信先ドメインごとのこの一覧で、まずは大まかに、良い配信先・悪い配信先を見ていきます。気になる配信先があったら、左側のチェックボックスを選択して、【詳細を表示】-【選択】を選びます。すると、そのドメイン内の、どのページに表示されたのか、詳細が確認できます。

URLをブラウザのアドレスにコピペすれば、そのページを確認することができます。どのようなページに広告が出ると良いか・悪いか、といったことをここで知っておくと、サイト内に追加すべきページの参考にもなると思います。

プレースメントの除外

この一覧で詳細を確認した際に、配信を止めたいページがあった場合は、左側のチェックボックスを選択して、上部の【プレースメントを除外】をクリックします。

すると、下記のような表示が出てきます。「プレースメントの除外」は、キャンペーンごと、あるいは広告グループごとにできますので、必要に応じてどちらかを選択して【保存】をクリックします。

プレースメントの入札単価の設定

「成果が出てるのでもっと入札単価を上げたい」「止めるまでもないが配信を弱めたい」といった場合には、各ページの入札単価を調整することができます。除外のときと同様に、書くURLの左側のチェックボックスを選択して、【プレースメントと入札単価を管理】をクリックします。

すると、下記のような画面が出てきます。それぞれのプレースメントごとに、現在の入札単価に対する引き上げ率または引き下げ率を指定できます。例えば、引き上げ率100%とすれば、その配信先に対しての入札単価は、現在の入札単価の2倍となります。それぞれ指定して【保存】をクリックすれば、設定は完了です。

YDN:広告配信先レポート

YDNでは、Google Adwordsのように管理画面での確認や設定はすることができません。ですので、「YDNでは確認ができない」と思ってしまっている人もいらっしゃるようです。

YDNでは、「レポート」で確認することができます。

パフォーマンスレポートページを表示したら、【+新規レポートを作成】ボタンをクリックします。

「レポートの種類」で【広告配信先レポート】を選択し、その他「表示項目」や「集計期間」を指定して【作成】ボタンをクリックすると、レポートが作成されます。このとき、作成にしばらく時間がかかります。

レポートが作成されると、一覧に表示されます。この一覧で【レポートの表示】をクリックすれば、その場で確認することもできます。しかし、並べ替えや抽出などもできないので、あまり使い勝手は良くありません。【ダウンロード】をクリックすれば、Excelで読み込むことができるCSVファイルでデータがダウンロードできるので、そちらで中身を確認しましょう。

YDNのプレースメント設定

YDNでは、プレースメントの指定や除外はできますが、Google Adwordsのように入札単価の調整などはできません。また、プレースメントの指定や除外の設定も、細かなページ毎の設定はできず、ドメインやフォルダごとの指定のみとなります。

YDNでの設定は、まず「プレイスメントリスト」を作成し、そのリストを広告グループごとにプレースメントターゲティングとして、「配信先として指定」あるいは「除外」の設定をしていきます。

こちらの指定の方法については、こちらの記事(YDNで、本当に Yahoo! JAPAN にのみ広告を配信する方法)でご説明していますので、あわせてご覧ください。

プレースメントの確認はディスプレイ広告配信の肝

世の中には、想像以上に多くのサイト・ページが存在します。そしてディスプレイ広告では、広告主側が存在を知らないようなサイトへ広告が配信されます。ユーザにとっても、広告主側にとっても好ましいようなサイトであれば問題ありませんが、場合によっては、企業価値・商品価値を貶めるようなサイトへ配信されてしまうこともあります。

毎日確認する必要はありませんが、定期的に配信先を確認して、必要に応じて設定を調整するようにしましょう。