YDNで、本当に Yahoo! JAPAN にのみ広告を配信する方法 ~プレースメントターゲット~

Yahoo!が提供するディスプレイ広告である「YDN」は、国内最大の巨大ポータルサイト「Yahoo!JAPAN」のあらゆるページへ広告配信ができます。非常に大きな配信量(広告表示回数)を確保できますし、地方であってもYahoo!JAPANのページビュー数は無視できないほど大きなものです。

一方で、YDNでは Yahoo!JAPAN 以外のサイトへも広告表示がされます。例えば、「NAVERまとめ」や「クックパッド」などは、その中でも代表的なサイトです。もちろん、広告表示回数が多ければ多いほど良い場合もありますが、予算の関係などで『Yahoo!JAPANにのみ配信したい』といったこともあるのではないでしょうか。

配信先を限定する際は、広告グループ毎の『プレースメントターゲット』を設定することになります。

下準備『プレースメントリスト』の作成

『プレースメントターゲット』を設定する前に、まずは対象となるURLのリストを作成します。YDNの管理画面のメニューの中から「ツール > プレースメントリスト管理」を選択します。

YDNの管理画面

表示された『プレイスメントリスト管理画面』で、「プレースメントリスト作成」から「新規作成」を選択します。

プレースメントリスト管理画面

名称には、あとで一覧されたときに判別しやすい、分かりやすい名前を入力しましょう。「候補を検索して選択」の箇所に、配信先として設定できるURLのリストが表示されています。一覧を目で追って、配信先としてふさわしいサイトを一つ一つ探していくこともできますが、リストには非常に多くのURLが登録されています。一覧の右上部分に検索枠がありますので、URLの一部をここへ入力して検索しましょう。

プレースメントリスト

例えば今回のように「yahoo」のみということであれば、ここへ「yahoo」と入力して検索すると「yahoo」の関連サイトが一覧されます。が、「Yahoo」関連だけでも、Yahoo!オークションやYahoo!メールなど5000ヶ所以上リストアップされます。こういった場合は、検索枠の左側の「カテゴリ」の中から対象としたいサイトのカテゴリを選択します。

プレースメントリスト

「ニュース」を選択すれば、Yahoo!サイト内のニュース関連ページのみがリストアップされます(それでも400ヶ所以上もあります)。その中から実際に配信対象としたいURLを選択して【追加】をクリックすると、下部の配信先一覧の中にURLが追加されます。

プレースメントリスト

配信先を選択し終わったら、画面下部の【保存】をクリックしましょう。これで、『プレースメントリスト』の作成が完了しました。

『プレースメントターゲット』の設定

作成したプレースメントリストを広告グループへ設定するには、広告グループの設定画面の中の『プレースメントターゲット』で「設定する」を選択します。

プレースメントターゲット

作成したプレースメントリストが一覧されますので、その中から対象にしたいものの「配信対象」をクリックします。

プレースメントターゲット

こそして、広告グループの設定を保存すれば設定は完了です。

配信先は「除外」することもできる

上記の流れは配信先を限定する流れですが、広告グループに設定する際に表示されていた通り「配信対象外」とすることもできます。配信したくないサイトや、配信した結果で成果があまり見られないサイトは、対象外とすることもできます。

YDNは配信量が想像以上に多くなることがよくあります。キャンペーンごとの予算などで調整するのも一つの手ですが、配信結果のレポートなどを見て、成果の上がりやすいサイトにのみ広告を配信できれば、同じ予算でより大きな成果をあげることも可能です。

ぜひ『プレースメントターゲット』を活用してみてください。