リスティング広告

Yahoo!スポンサードサーチに新たな機能「テキスト補足オプション」が実装

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2016年8月3日、Yahoo!スポンサードサーチに新しい機能である「テキスト補足オプション」が追加されました。

この機能は、通常のテキスト広告文(タイトル15文字、URL、説明文19文字+19文字)に加えて、さらにテキスト文字を表示させることができるというスグレモノ。Google Adwordsで既に実装済の「コールアウト表示オプション」と同様のものです。

20160810-01-01

「テキスト補足オプション」の例

例えば上記のドミノ・ピザの広告で言えば、一番下の行の『お支払い方法いろいろ・GPSで配達状況が分かる・スマホでいますぐ注文・お店でピザ作り体験』と書いてある部分が、「テキスト補足オプション」で指定できるところです。通常のテキスト広告と比べて広告エリアが広がりますし、文字数の制限がある通常広告文で伝えきれない内容を、プラスアルファとして表示させることができるので、広告効果も非常に上がります。

「テキスト補足オプション」の設定方法

この「テキスト補足オプション」を設定する方法は非常に簡単です。まずは管理画面で、下記の【広告表示オプション】をクリックします。

20160810-01-02

すると、広告表示オプションの設定画面に切り替わります。ここで、【広告表示オプションの種類】ドロップダウンリストから「テキスト補足オプション」を選択します。

20160810-01-03

次に、「オプション一覧」タブを選びます。

20160810-01-04

【オプション作成・編集】というボタンが現れるのでクリックします。あとは、ここで「1件ずつ作成」あるいは「一括作成」として、「テキスト補足オプション」として表示させたいテキストを入力します。

20160810-01-05

キャンペーン/広告グループへの関連付け

さて、「テキスト補足オプション」は登録しただけでは表示されません。表示させたいキャンペーンあるいは広告グループへの関連付けを設定する必要があります。

先ほどの広告表示オプションの設定画面で、こんどは「関連付け一覧」タブを選択します。この画面では、「キャンペーンへの関連付け一覧」と「広告グループへの関連付け一覧」が表示されます。ここにある【関連付けの設定・解除】ボタンから、「1件ずつ設定」「キャンペーンに一括設定」のいずれかを選びます。

20160810-01-06

ここでは、「1件ずつ設定」を選びました。すると、関連付けたいキャンペーンあるいは広告グループと、テキスト補足オプションを選択する画面になります。一覧表示されている中から、関連付けたいものを選択して【設定】ボタンをクリックすれば完了です。

20160810-01-07

関連付け設定が正しくされれば、下記のような表示になります。テキスト補足オプションにも審査があります。審査が完了すれば、テキスト補足オプションが実際に表示されるようになります。

20160810-01-08

テキスト補足オプションの考え方

ではどのような言葉を、テキスト補足オプションで表現すると良いのでしょうか。

テキスト広告には文字数の制限があります。そこでは、ユーザに刺さるようなコピー、言葉を駆使して作成します。書かなくても当たり前のこと、直接的な訴求にはつながらない言葉などで貴重な文字数を使いたくはありません。

ところが、当たり前なんだけどちゃんと伝えておきたいこと、プラスアルファのひと押し、違ったニーズの訴求など、ちょっと伝えておきたい言葉も多々あると思います。広告文に書ききれなかったことを、端的に書いてみましょう。

例えば「24時間365日対応」、「スマホからも簡単注文」、「2000円以上送料無料」など。例で出したドミノ・ピザの「お支払い方法いろいろ」もありですね。また、テキスト補足オプションを登録するときには曜日や時間帯も設定できますから、スケジュールに合わせたセール情報などを表記するのも良いでしょう。

テキスト補足オプションについても、通常のテキスト広告文と同様に「正解」はありません。トライ安堵エラーを繰り返して、自社に最適な内容を探し出しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る