ウェブマーケティング

ホームページ(WEBサイト)のスマホ対応が必須なワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ホームページをビジネスに役立てたいと考えるなら、スマホで見たときも見やすく表示されるようにするスマホ対応が必須です。なぜなら、パソコンで見やすく作られたサイトが、必ずしもスマホで見やすいとは限らないからです。

たとえば、スマホとパソコンの大きな違いの一つは画面の大きさ。パソコンの画面は一般的に横長になってるので、メインのコンテンツの右側にメニューを表示しても邪魔になることはありませんが、スマホの画面は縦長なので窮屈な表示になってしまうか、あるいは非常に小さな文字で表示されてしまい、非常に見にくくなってしまいます。表示されたページが見にくいものだった場合、そのページがどれだけ良い内容だったとしても、ユーザは見る気がなくなってすぐに離脱してしまいます。

『そうは言っても、うちのサイトはスマホでアクセスする人なんかいないだろうし、必要ないよ!』

そういう声も聞こえてきそうですが、本当にそうでしょうか。

ネットアクセスの半数はスマホから、利用時間はスマホのほうが約2倍長い!

少し前の統計ですが、ニールセン株式会社の調査によると、以下のようにパソコンからのアクセスユーザ数は年々減少傾向である一方、スマホからのアクセスユーザは急激に増加しています。この発表時点では「2015年冬には逆転」と言われています。

2016062301-02

また、パソコンとスマホそれぞれからのインターネットアクセス時間は下記のようになっており、スマホからのアクセスはパソコンよりも約2倍もの長い時間、閲覧している結果となっています。

2016062301-03

実際に、弊社で運用しているECショップでは、2016年5月のアクセス状況が以下のようになっており、4人に3人はスマホ、またはタブレットからのアクセスとなっています。この傾向は B to C 企業のサイトのみならず、B to B 企業のサイトであっても数字の大小はありますが同様の状況となっています。

2016062301-04

普段のご自身の行動を考えてみれば、スイッチを入れてから起動まで時間のかかるパソコンよりも、いつでもどこでもすぐに取り出して使うことのできるスマホやタブレットでアクセスすることのほうが、年々増えてきているのではないでしょうか。ビジネスマンであっても、ちょっとした移動時間や休憩中などに気になったことを調べたり、次に訪問する取引先の情報を確認するなど、業務中にスマホ等でアクセスする機会がどんどん増えてきているのではないかと思います。

こういった状況の中では、サイトをスマホ化していなかったために、しっかりとした対応をしていた競合企業にお客様が流れてしまう、といったことも十分考えられます。

検索結果にもスマホ化が影響する!

ユーザの検索行動が急激にスマホ化している現状に対応するために、googleは2015年4月21日から、検索順位を決めるランキング決定要素の一つとして“モバイルフレンドリー”、つまりスマホで見たときでもユーザにとって見やすいサイトになっているかどうかの指標を導入しています。

2016062301-07

検索結果をもっとモバイル フレンドリーに – googleウェブマスター向け公式ブログ

つまり、検索順位を決めるときに、スマホ対応されているかどうかを考慮する、ということです。例えば、サイトの内容が同程度の競合企業があった場合、そちらがスマホ対応していて、自社がスマホ対応していなければ、競合企業のほうがより高い順位に表示される可能性が高い、ということです。これは、大きな機会損失にもつながりかねない非常に重要なポイントです。

そして現在スマホからgoogleで検索すると、下記の例のように「スマホ対応」という文字が表示されるようになっています。

2016062301-05

検索したユーザからみれば、「スマホ対応」と書かれているかどうかという点も訪問するサイトを決める判断条件の一つになり得るのではないでしょうか。

まずは自社のサイトがスマホ対応しているかどうかチェックしてみよう

自社のサイトがスマホ化されているかどうか、モバイルフレンドリーかどうかをチェックするツールが、googleから提供されています。簡単に確認することができるので、まずはチェックしてみましょう。

モバイルフレンドリーテスト – google

リンク先に行き、チェックしたいサイトのURLを入力して【分析】ボタンをクリックすると、しばらくして結果が表示されます。

2016062301-06

ここで「モバイルフレンドリーではない」と判断された場合は、なるべく早めにスマホ化を検討した方が良いでしょう。スマホで見ても見やすくして、訪問したユーザに好印象を与えるようなサイトにすることは、ビジネスにも必ずプラスとなるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る